お弁当、ご飯、家、ファッション、病気のこと(躁鬱)、筋トレ、日記などなど雑多です
私は一体いつからブログを始めたのだろうと、ふと思い、見てみたら2010年6月からでした。

結婚したのが2010年4月ですから、結婚した時とほぼ同時ですね。

途中まったく更新してなかったので、消そうかとも思ったのですが(内容も雑多になってきたし)せっかくここまできたのだから、書きたい時に書きたいことを書いていけばいいじゃないか、と私の心がそう言いました。

そして今に至りますが、消さずにいてよかったです。

昔も振り返ることができますし、お弁当をどれだけ頑張っていたのかも見ることができます。

この時期は調子が悪かったのかな、あ、このあたり躁が入ってる・・とかも確認できたりして今後役に立つことになりそうです。


2010年は32歳になった年です。
現在37歳、11月がくれば38歳です。
時が経つのは早いですね。

小さい変化ですが、歳を隠すのが恥ずかしくなくなりました。
年齢にこだわることに疑問を感じたからです。

人と仲良くなったりするのに、果たして年齢が関係してくるのか、と思うと、違うな・・・と。

今のバイト先はアラフォーが集ってます。
でも二人だけ若い子がいます。

一人は話す機会がないのでよくわかりませんが、もう一人は25歳。
とても愛想がよく敬語を使うことがないんですけど、嫌な感じが一切ないのですよね。
むしろ同じ土台にいるかのごとく、ふつうに馴染んでます。

ここで年齢にこだわってた自分が恥ずかしくなりました。
仲良くなって友達になるのに年齢なんて関係ないのです。

さらに言えば、私は子供を作る気がないんですけど、周りはお子さんがいらっしゃいます。
もちろんお子さんのお話しが中心になります。

でも私にしてみれば新鮮なお話しです。

私が一生体験できないことを、生で聞くことが出来るのですから(しかも複数)、貴重に思えます。
確かに話は合いませんが(笑


外見的には、若く見られる時もあれば「あー・・」と納得されることもあり、中々複雑な心境にしてくれます。

外見的な若さを保っていきたい気持ちはありますが、そこまで気にすることかな?と考えると、いやそうでもないかも、と思ったり。

でも主人にとってはキレイでいたほうが気分的に良いとは思いますので、出来るだけ頑張ってみようという気持ちになります。
なんだかんだいっても37歳には変わりありませんけど(笑

中身的には、多少成長した部分がありますが、やはり躁鬱なので人とのコミュニケーションが難しいのは変わりません(元々苦手なのもあります)

鬱になっては躁になり、躁になっては鬱になり。

普通の時もありますが、その時は人とのコミュニケーションはうまくとれていましたし、料理や掃除も普通にできてます。

躁の時は「やりすぎ」になります。

そして疲れた結果鬱になり、現状はそうなってしまってます。
バイトで通常の勤務時間より多く働いたり、日数も増やしてたんです。

こういうのを抑えることが出来れば、回復も近いはずなのですが・・
中々難しいものですね、躁を抑えるというのは。

関連記事

FC2blog テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

【2016/02/05 18:13】 | 雑記
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可