お弁当、ご飯、家、ファッション、病気のこと(躁鬱)、筋トレ、日記などなど雑多です
20170528コーヒーゼリー

20170528コーヒーゼリー2

料理も基本の見直しから丁寧に作ることを心掛けて精進中なのですが、お菓子も少しは出来るようになりたいので手を出すことにしました(躁状態で調子に乗っている)

本格コーヒーゼリーを作成しました。
これで二度目です。

作り方はこちら→真のコーヒー好きのためのコーヒーゼリー

コーヒーをドリップするわけですが、豆はやはりアイスコーヒー用の豆がよろしいかと思います。
アイスコーヒー豆は普通のコーヒー豆より焙煎時間が長く(深煎り)、苦みと深みが全面に出ているのが特徴です。
コーヒーゼリーにはもってこいですね。

主人はまぁまぁと言ってましたが、主人の感想に家庭料理という部門は無く、外食などすべてと比較しますので、とりあえず合格でしょうかね。

確かに個人的にはもう少し硬さがなくてもいいかなと思いました。
あともう少し味が濃くてもいいかも。でもドリップは機械でやっており量的にこれ以上豆を増やせない・・どうしたものか・・
自分でドリップすると確実にまずくなる・・(何年もお店でかなり練習したのですが、だめでした)

ゼリーといえども、満足するレベルに達するのは容易ではありませんね。


20170603アイスボックスクッキー

そして今日は、クッキーも焼きました。

中学~高校生時代に、自分好みのクッキーを追及していた時期がありました(躁状態で調子にのっている)
家族や知人にも好評で、自分用にも大量に作っておりました。

最近になって妹と電話で、

妹 「おねえさんのクッキーが食べたい」
私 「私も食べたい」

という会話があり、よし、作るか!と重い腰を上げたわけであります。

しかしもう25年くらい前のことなので、全部忘れています。
そして当時貧乏だったのでオーブンなどはなく、トースターで焼いてたので焼きの感覚が違う。

結果として、主人の感想は、

・甘い
・歯ざわりが雑
・もう少し硬くてもいい

ということでした。

私も同じ感想でしたので、次回は砂糖を減らし、小麦粉を3回はふるい、ベーキングパウダーはもっと減らそうと思います。

あとバターの硬さですね。
もっと硬くしたかったのですが、この時期の気温をなめきっており余裕でマヨネーズくらいの柔らかさになってしまったんです。
バターは柔らかくしすぎたらもう使わないでください、と料理の先生が動画でおっしゃっていましたが、はい、そうですね、となりました。
先生がおっしゃったように重たい感じになるんですよね。

それから生地を寝かせる時間。
30分とか1hとか一晩とか・・調べれば調べるほどバラバラですが、1h寝かせてみました。
この時期ですからもっと寝かせたほうがよかったですね。
朝仕込んで午後焼くくらいがいいかもしれません。

焼きは、うちのオーブンレンジは、貧乏育ちだった私にはもったいないくらい贅沢なビストロ様を使用しております。
さすが、トースターとは違い、焦げる心配もなくきっちりキレイに焼いてくれます。すごいですね。
料理ナンバー311(クッキー)を入力してボタン押すだけです(焼きムラを防止するため7分たったら上下鉄板を入れ替えますが)


今日はお菓子の記事でまとめました。
先週はお弁当を1回だけ作りました。
夕飯は毎日しっかり作ってました。
次回まとめて記事にします。

先週は体調が悪かったです。
気分は躁状態なのですけど、体が鬱なんです。
そして2型なので、多分何か月も続くでしょう。下手すると年単位に。

お菓子作りに精を出すのもいいですけど、ほどほどに、とりあえずコーヒーゼリーとクッキーを極めるところでやめておきます。
後からくる反動がおそろしいです。
関連記事

FC2blog テーマ:料理 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2017/06/03 17:23】 | その他のスイーツ&お菓子
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可