お弁当、ご飯、家、ファッション、病気のこと(躁鬱)、筋トレ、日記などなど雑多です
20170823ブルーベリーフローゾンヨーグルト作成中

今日はせっせとアイスを作っています。
初心者向けの、フローズンヨーグルトです。ブルーベリー入ったやつね!
生クリームを七分だてにする予定がよくわかんない状態で作ったので8分だてになってしまった・・
もうやっちゃったから、どうしようもない。

ハンドミキサーのない私ですが、生クリームをたてる速さがアップしましたよ。
以前は20分かかったんですけど、今回は10分で終わりました。やはりコツがあるんですね。
慣れれば7分とか5分いけると思います。
植物性ですから、動物性脂肪のものに変えたら早いでしょう。

さて、パン作ったり、中華まん作ったり、料理に集中したりで、以前より作成頻度が落ち数が減りましたが、お菓子をアップしたいと思います。

20170822まるごと桃のケーキ

20170822まるごと桃のケーキ2

まるごと桃のケーキです。

お店のものを食べたことは一度もありません。
じゃあどうやって作ったのかというと、実は「なんとなく、こう」という勘のみ。

中身は、Facebookのグループ投稿に作られてた方が写真をアップしてたのでそれを見ただけです。

それで、いくらなんとなくといっても、私はまだお菓子を作り始めて二か月たつかどうか。作ったことのない物ばかりで構成されているこのケーキ。
なので、タルト台、カスタード、バターケーキ、ナパージュは、基本レシピでやりました。味の調整などは一切していないです。

タルト台色々(基本)プロが教えるお菓子の「知恵袋」

パートシュクレを作ろうとしてたんですけど、違うレシピを見て作り出し、それがどうやら配合がパートサブレだったことに気付きショックでした。もう作っちゃったじゃねーかぁ!

パートサブレなのに、堂々とパートシュクレとして紹介してるんですから、ネットでの調べ方は気を付けなければいけません。
パートサブレとパートシュクレでは食感が違いますから、これから初挑戦の方は気を付けてくださいね。
好み通りに作れなくなっちゃいますから。

小麦粉ですが、何を使ってもいいと思いますが、あんまり軽いのは割れるかもわかりません。
私はメルベイユを使いました。準強力粉です。

何故かというと、おすすめされていたからです!!(←おい)

お勧め通りに買う女ルルみー(初心者なので許して・・)
しかし、使ってみてわかりましたが、これは・・いい!!美味しい!メルベイユのタルト台うまっ!
今回は残念ながらパートサブレでしたが、パートシュクレにしたら・・?すっごい美味しいんじゃないのこれ?

あと割れにくいと思いますよ。
初回の私でもうまくできましたからね。

型はお弁当用のシリコンカップなんです。
なみ型がキレイに出ましたね。
シリコンカップの上のほうが変色しましたが・・

焼いている途中で取り出し、シリコンカップから外し、カスタードを塗る予定だったので、中に卵塗ってまた焼く。
型から外すと底面もキレイに焼けますね。
タルトの型って、タルトリングと底のある型とありますもんね。
底のある型は、焼くときに天板ではなく、網に載せないと焼きがあまくなるという実験例も見たので、買うならリングのほうかなぁと思っています。

タルトストーンは無いので、生米を使いました。
他はあずきもいいそうです。
あずきはプロの方がわざわざあずきを使うこともあるらしく、よほど良いのでしょうね。
まぁ私はまずタルトストーンを使ってみますよ。来月は無理だけど、再来月あたり買えるといいんですがねぇ。

米はリゾットにしましたが、生米から作るリゾットが初めてだったのでなんかあんまり美味しくなかったです・・残念。
もうね、ケーキだけで疲れちゃったの・・動画見る気力もなかったの・・

そうそう、あとこれスポンジケーキも挟んであるんですよ。
ふつうのふわふわのじゃなくて、バターケーキ。
これも初めて作りました。

タルト台→カスタード→バターケーキ→カスタード→ホイップの順に入っています。
カスタードがバターケーキと馴染んで美味しい、と自分は思いましたが、人様に出せるレベルではありません(笑)

バターケーキレシピミニ・ヴィクトリア・スポンジ・ケーキ2011|和美Savvy Cooking

このお方もすごい経歴の持ち主ですね。びっくりです。一般人未満の私からするとまぶしすぎる・・
料理教室開いてたり、カフェオープン(すぐに閉業されてますが)したりで、やはり料理に関する知識、技術がすごいと思います。
いいなぁ~

カスタードクリームもうまくできました。

カスタードクリーム(基本)
プロが教える「お菓子の知恵袋」
辻調理師専門学校: 基本技法・製菓・カスタードクリーム

私は、そんなに使わないので3分の一量で作りました。
バニラのさやとかないんで、バニラエッセンスになりましたが。

さらさらの状態が突然固まりだすので油断してたらびびりました。
あっぶなかったー!焦がすところだった。

ナパージュは失敗!なんで失敗したのか軽く調べましたがさっぱりわかりません。
なんかつやつやしないんですよね。
思い当たるのは、サラサラしすぎているんじゃないかということです。粗熱が取れてからのほうがいいかも。
あとゼラチンじゃなくて寒天にしてみるとか、方法は色々ありますので、再度チャレンジしたときに実行あるのみです。

桃の皮むきは、硬くて剥けなかったので、包丁で。
だからかくかくしてるんです。

20170822ミニグレープフルーツタルト

タルト台が余分に出来たので、ミニグレープフルーツタルトを。

やっぱりナパージュが失敗。
味は爽やかで中々美味しかったんですけど、主人はいまいちだったようです(理想がキルフェボンですからね)


色々書きましたけど、初心者にしてはうまく出来た方だと自負しています。
クッキー作りやスコーン作り、こだわって頑張ってよかったなぁと思います。まだ色々試したいこと残ってますが・・

失敗や改善点は次に活かします。

続きは、他のお菓子。
20170725スコーン(ミックスベリー)

ミックスベリースコーン、リベンジです。
前回とはうってかわってうまくいきましたね。

丸型で抜いてますが、これはですね、生地を折りたたむ時にミックスベリーを入れていくんで、生地が余るとどうにもこうにもならないんですよね。
汁気が邪魔して、生地が繋がらない。

なので、三角にするのがベターですね。見た目はこっちのほうがインパクトもあって断然いいとは思うんですけどね。


20170728オレンジふるふるゼリー

オレンジふるふるゼリー再び。

今回はポンジュースです。
濃いオレンジジュースの場合は牛乳が結構多めのほうが美味しいですよ。


20170730失敗したスフレチーズケーキ

これは炊飯器スフレチーズケーキを作ろうとしたものです。

作ったことないのに、素人レシピに手を出した・・おわった・・
もう素人レシピ嫌いだよ・・ろくな目にあってないよ!

というわけで見ての通り膨らんでない。
食感は最悪!チーズ味の高野豆腐食べてるみたい。

ふつうに基本の、ちゃんとしたレシピで作ろう・・初心者なんだから。


20170802ブラックココアクッキー

ブラックココアパウダーを使ってのクッキー試作8号。

模様は、一体何がしたかったんだかわかんないですね。
不器用が発揮されていますね。

で、この時とんでもない失敗をしでかしまして。

卵黄1個のところを全卵3分の一強にしようと思ってたのに、全卵1個入れちゃって生地がやわらかすぎてまとまらなく・・
仕方ないので小麦粉足したら、味も食感も変わってしまった!当たり前ですねぇ!

ちょっといつもより粉っぽいというか、美味しくなくなっちゃった上に形も失敗するわで、ちょっと凹みました。

まぁ次のクッキー試作9号はそんなことがないように気を付けますよ・・


20170804キウイゼリー

20170805キウリゼリーとアイスコーヒー

キウイゼリー再び。

主人がキウイあんまり好きじゃないので、食べやすいゴールデンキウイにしました。
これなら主人も食べられました。一個だけ。

以前レシピを貼ってなかったと思うので、貼ります。

キウイゼリーレシピクラシル(彩り鮮やか!キウイの爽やかゼリー)

ちゃんと加熱しないと固まらないので注意してくださいね。


20170810シュガードーナツ

シュガードーナツです。

これは型は使わず、手で形成するのでお手軽ですよ。
型もってないんで、とりあえずっていう方はまずこれをお勧めします。

ドーナツレシピみんなのきょうの料理(ドーナツ)

揚げ温度と、揚げ時間に注意して作ってください。別のものになりますから・・


20170808トマトゼリー

フレッシュトマトゼリーです。

飾りつけにミニトマトを湯剥きしてのせましたが、これこそナパージュすればよかったです。
めんどくさがるから、翌日トマトが少し乾燥するんですよ。

レシピはFacebookの方から教えていただきました。
最初は美味しいんですけど、後からなんか違う・・と思えてくる味ですね。
趣味の範囲を超えないとういか。

一応紹介しますが、自己責任でお願いします。

トマトゼリーレシピひんやり、トマトゼリー

あと、ついでにみつけたのでこちらも。
多分、こっちのほうが美味しいと思います。

トマトゼリーレシピ2生協パルシステムのレシピサイト(トマトゼリー)


20170811抹茶チョコスコーン

抹茶チョコスコーンです。
あずきじゃないですよ!!

製菓用の抹茶パウダー、製菓用ミルクチョコを使ってのスコーン。
卵は入れてません。

本当はホワイトチョコの予定だったんですが、間違えてミルクチョコ買ってた・・
「ミルク」ってあったから「白だ!」って・・疲れてたんですかね。

これ自分レシピなんですけど、結構おいしく出来ましたよ。
主人も合格くれましたし(スコーンあんまり好きじゃない)

スコーンはもうだいぶ慣れましたね。
色々種類を作りたいけど、マフィンのほうが好きだから、そっちで展開しそうです。

■抹茶チョコスコーンの配合(カッコはちょっと少な目分量)■

・小麦粉(ドルチェ推奨) 200g(150g)
・バター 50g(37g)
・砂糖(上白糖推奨) 40g(28g)
・牛乳 90~100㏄(70~80cc) 様子を見て入れる
・ベーキングパウダー 10g(7.5g)
・抹茶パウダー(製菓用推奨) 10g(7g) 2gくらい少なくてもOK
・塩 少々
・チョコ(製菓用推奨) 40g(30g)

チョコはサブラージュが済んだ後混ぜるか、生地を折りたたむ時に畳んで混ぜるか、どちらでもいいと思います。
甘さをあっさり、生地をふわっとさせたい場合はグラニュー糖にしてください。
上白糖を使っているのはしっとり感を出す為です。


20170812チョコドーナツ

チョコドーナツ。

失敗しました。
ココアパウダーがなくなったので、ブラックココアパウダーを使用したのですが、予想はしてましたが、真っ黒です。
主人に「炭作ってる!」と言われましたよ。

それで、ほんとに炭なので、揚げ具合が全然わからん!色が黒いからわからん!
揚げ過ぎてしまい、サックサクになりましたね~!クッキーを作りたいわけじゃないのに~!

で、このままだとほんとうに炭だから、製菓用チョコをコーティングしてみました。
コーティングも初体験です。

チョコが美味しいのでなんとか食べれました。


20170815なめらかプリン

なめらかプリンです。

初プリン作成ということで、本当は昔ながらの固いプリンがいいんでしょうけど、どうしてもなめらかプリンが食べたかったのだからもう仕方ないです。

でも成功しましたよ。
主人も合格くれましたし。

プリンレシピなめらかプリンのパステル Pastel 公式サイト

マグカップでやっているのをガラス容器に。
鍋で火を通すのをオーブンに変えました。
生クリーム1パック200㏄なので、足りない50㏄を牛乳に置き換えしました。

ガラス容器をけちって3個しか購入しなかったので、余ったプリン液はマグカップに入れました。アルミで蓋。

オーブンの天板にキッチンペーパーを二枚重ねにして(計4枚使用)置き、50℃くらいのお湯を400㏄くらい注ぎ入れ、そこにプリン容器を並べ、150℃に余熱したオーブンへ。スチーム機能があるのでスチームも。

130℃で35分→ガラス容器を見るとまだまだ液体。

追加で10分→周りはやや固まり始めているがまだ液体。

追加で10分→やや固まり始めているが中が液体。

140℃にして10分追加→やっと固まる。

この間に、天板のお湯がなくなったので本当は継ぎ足さないといけなかったと思います。

チェックは竹串をさして液がついてくるかどうか。
ご家庭で作られているなめらかプリンの多くは、プロが言うとほとんどが生焼けだそうです。
その点に十分に気を付けてみたので、私のプリンは生焼けではありません。でもなめらかでしたよ。

マグカップのプリンはどうなったかとういと、実はめちゃくちゃすが入ってました。

はい、そうです、ガラス容器と陶器では熱伝導率が違うんですね!
陶器が一番いいはずです。
よく天ぷらの衣を作る時に、ステンレスより陶器がオススメされています。よく冷えますからね。

入れ物によってもプリンの食感は変わってくるそうです。
早く熱が通れば固くなりますし、遅ければなめらかになります。
なので、なめらかな口当たりにしたい場合はガラスが良いそうですよ。

ゆるやかに熱を加えることでなめらかになるので、オーブンで焼くときも、低温となります。
でも、それぞれオーブンレンジによってクセがありますから何とも申し上げにくいですが、ガラス容器で130℃はちょっと低い印象でした。
次は140℃でやってみようと思います。
それでもいまいち通りが遅すぎるのであれば150℃ですね。
といいつつ、次回は全卵、生クリーム無しの昔ながらのプリンを作ろうと思っていますが。

ああそうそう、オーブンでの他の利点は失敗しにくいとういことでしょうか。
焼き過ぎるまでに時間がかかるからだそうです。

で、生焼け回避に成功しましたが、カラメルソース入れすぎて失敗してます。
底のほうが飴状になっちゃったんです。

最初は濃度が高いのかと思ったんですが、違うんです。
カラメルは、焼いている時の熱で、プリン液の水分と撹拌されてサラサラになるんだそうです。

サラサラのカラメルはたくさんありました。だから濃度が高いわけではないんです。
入れすぎて、底のほうが撹拌されなかったと予想されます。

次回は量に注意して作ります。味は美味しかったのになぁ残念!


20170819チョコバナナマフィン

20170819チョコバナナマフィン2

チョコバナナマフィンです。

初マフィンです!好みかどうかは置いといて、マフィンとしては大成功です。
初なのにプレーンじゃないのは、バナナがあったからですねー
チョコは製菓用のビターチョコ使いました。クーベルチュールなんですけど、美味しいですね!

小麦粉何にしようかなぁって、毎度これが楽みでもあります。服選ぶみたいな感じ。
初回なのでわかりやすくスーパーバイオレットにしました。
どうせふわふわになるんだろう、と思ったら本当にふわふわになりました。
さすがスーパーバイオレット。

次回はドルチェで作ってみたいですね。
ちょっとしっとりしてくれるんじゃないかな?と期待しています。
主人の好みはしっとり系なので。

生クリームやはちみつもしっとり効果があるようです。

でもまずは小麦粉のみ変更でお試ししないとわけわからなくなるので、ぐっとこらえます。

母はふわふわが美味しかったみたいで二個食べてましたね。

チョコバナナマフィンレシピ Nadia(板チョコバナナマフィン)

私は製菓用チョコを使ったのですが、もし製菓用を使うのであれば、板チョコは一枚40gなので、40g計り入れたら良いですよ。


以上、ここ一ヵ月くらいのお菓子作りでした。
関連記事


追記を閉じる▲
20170725スコーン(ミックスベリー)

ミックスベリースコーン、リベンジです。
前回とはうってかわってうまくいきましたね。

丸型で抜いてますが、これはですね、生地を折りたたむ時にミックスベリーを入れていくんで、生地が余るとどうにもこうにもならないんですよね。
汁気が邪魔して、生地が繋がらない。

なので、三角にするのがベターですね。見た目はこっちのほうがインパクトもあって断然いいとは思うんですけどね。


20170728オレンジふるふるゼリー

オレンジふるふるゼリー再び。

今回はポンジュースです。
濃いオレンジジュースの場合は牛乳が結構多めのほうが美味しいですよ。


20170730失敗したスフレチーズケーキ

これは炊飯器スフレチーズケーキを作ろうとしたものです。

作ったことないのに、素人レシピに手を出した・・おわった・・
もう素人レシピ嫌いだよ・・ろくな目にあってないよ!

というわけで見ての通り膨らんでない。
食感は最悪!チーズ味の高野豆腐食べてるみたい。

ふつうに基本の、ちゃんとしたレシピで作ろう・・初心者なんだから。


20170802ブラックココアクッキー

ブラックココアパウダーを使ってのクッキー試作8号。

模様は、一体何がしたかったんだかわかんないですね。
不器用が発揮されていますね。

で、この時とんでもない失敗をしでかしまして。

卵黄1個のところを全卵3分の一強にしようと思ってたのに、全卵1個入れちゃって生地がやわらかすぎてまとまらなく・・
仕方ないので小麦粉足したら、味も食感も変わってしまった!当たり前ですねぇ!

ちょっといつもより粉っぽいというか、美味しくなくなっちゃった上に形も失敗するわで、ちょっと凹みました。

まぁ次のクッキー試作9号はそんなことがないように気を付けますよ・・


20170804キウイゼリー

20170805キウリゼリーとアイスコーヒー

キウイゼリー再び。

主人がキウイあんまり好きじゃないので、食べやすいゴールデンキウイにしました。
これなら主人も食べられました。一個だけ。

以前レシピを貼ってなかったと思うので、貼ります。

キウイゼリーレシピクラシル(彩り鮮やか!キウイの爽やかゼリー)

ちゃんと加熱しないと固まらないので注意してくださいね。


20170810シュガードーナツ

シュガードーナツです。

これは型は使わず、手で形成するのでお手軽ですよ。
型もってないんで、とりあえずっていう方はまずこれをお勧めします。

ドーナツレシピみんなのきょうの料理(ドーナツ)

揚げ温度と、揚げ時間に注意して作ってください。別のものになりますから・・


20170808トマトゼリー

フレッシュトマトゼリーです。

飾りつけにミニトマトを湯剥きしてのせましたが、これこそナパージュすればよかったです。
めんどくさがるから、翌日トマトが少し乾燥するんですよ。

レシピはFacebookの方から教えていただきました。
最初は美味しいんですけど、後からなんか違う・・と思えてくる味ですね。
趣味の範囲を超えないとういか。

一応紹介しますが、自己責任でお願いします。

トマトゼリーレシピひんやり、トマトゼリー

あと、ついでにみつけたのでこちらも。
多分、こっちのほうが美味しいと思います。

トマトゼリーレシピ2生協パルシステムのレシピサイト(トマトゼリー)


20170811抹茶チョコスコーン

抹茶チョコスコーンです。
あずきじゃないですよ!!

製菓用の抹茶パウダー、製菓用ミルクチョコを使ってのスコーン。
卵は入れてません。

本当はホワイトチョコの予定だったんですが、間違えてミルクチョコ買ってた・・
「ミルク」ってあったから「白だ!」って・・疲れてたんですかね。

これ自分レシピなんですけど、結構おいしく出来ましたよ。
主人も合格くれましたし(スコーンあんまり好きじゃない)

スコーンはもうだいぶ慣れましたね。
色々種類を作りたいけど、マフィンのほうが好きだから、そっちで展開しそうです。

■抹茶チョコスコーンの配合(カッコはちょっと少な目分量)■

・小麦粉(ドルチェ推奨) 200g(150g)
・バター 50g(37g)
・砂糖(上白糖推奨) 40g(28g)
・牛乳 90~100㏄(70~80cc) 様子を見て入れる
・ベーキングパウダー 10g(7.5g)
・抹茶パウダー(製菓用推奨) 10g(7g) 2gくらい少なくてもOK
・塩 少々
・チョコ(製菓用推奨) 40g(30g)

チョコはサブラージュが済んだ後混ぜるか、生地を折りたたむ時に畳んで混ぜるか、どちらでもいいと思います。
甘さをあっさり、生地をふわっとさせたい場合はグラニュー糖にしてください。
上白糖を使っているのはしっとり感を出す為です。


20170812チョコドーナツ

チョコドーナツ。

失敗しました。
ココアパウダーがなくなったので、ブラックココアパウダーを使用したのですが、予想はしてましたが、真っ黒です。
主人に「炭作ってる!」と言われましたよ。

それで、ほんとに炭なので、揚げ具合が全然わからん!色が黒いからわからん!
揚げ過ぎてしまい、サックサクになりましたね~!クッキーを作りたいわけじゃないのに~!

で、このままだとほんとうに炭だから、製菓用チョコをコーティングしてみました。
コーティングも初体験です。

チョコが美味しいのでなんとか食べれました。


20170815なめらかプリン

なめらかプリンです。

初プリン作成ということで、本当は昔ながらの固いプリンがいいんでしょうけど、どうしてもなめらかプリンが食べたかったのだからもう仕方ないです。

でも成功しましたよ。
主人も合格くれましたし。

プリンレシピなめらかプリンのパステル Pastel 公式サイト

マグカップでやっているのをガラス容器に。
鍋で火を通すのをオーブンに変えました。
生クリーム1パック200㏄なので、足りない50㏄を牛乳に置き換えしました。

ガラス容器をけちって3個しか購入しなかったので、余ったプリン液はマグカップに入れました。アルミで蓋。

オーブンの天板にキッチンペーパーを二枚重ねにして(計4枚使用)置き、50℃くらいのお湯を400㏄くらい注ぎ入れ、そこにプリン容器を並べ、150℃に余熱したオーブンへ。スチーム機能があるのでスチームも。

130℃で35分→ガラス容器を見るとまだまだ液体。

追加で10分→周りはやや固まり始めているがまだ液体。

追加で10分→やや固まり始めているが中が液体。

140℃にして10分追加→やっと固まる。

この間に、天板のお湯がなくなったので本当は継ぎ足さないといけなかったと思います。

チェックは竹串をさして液がついてくるかどうか。
ご家庭で作られているなめらかプリンの多くは、プロが言うとほとんどが生焼けだそうです。
その点に十分に気を付けてみたので、私のプリンは生焼けではありません。でもなめらかでしたよ。

マグカップのプリンはどうなったかとういと、実はめちゃくちゃすが入ってました。

はい、そうです、ガラス容器と陶器では熱伝導率が違うんですね!
陶器が一番いいはずです。
よく天ぷらの衣を作る時に、ステンレスより陶器がオススメされています。よく冷えますからね。

入れ物によってもプリンの食感は変わってくるそうです。
早く熱が通れば固くなりますし、遅ければなめらかになります。
なので、なめらかな口当たりにしたい場合はガラスが良いそうですよ。

ゆるやかに熱を加えることでなめらかになるので、オーブンで焼くときも、低温となります。
でも、それぞれオーブンレンジによってクセがありますから何とも申し上げにくいですが、ガラス容器で130℃はちょっと低い印象でした。
次は140℃でやってみようと思います。
それでもいまいち通りが遅すぎるのであれば150℃ですね。
といいつつ、次回は全卵、生クリーム無しの昔ながらのプリンを作ろうと思っていますが。

ああそうそう、オーブンでの他の利点は失敗しにくいとういことでしょうか。
焼き過ぎるまでに時間がかかるからだそうです。

で、生焼け回避に成功しましたが、カラメルソース入れすぎて失敗してます。
底のほうが飴状になっちゃったんです。

最初は濃度が高いのかと思ったんですが、違うんです。
カラメルは、焼いている時の熱で、プリン液の水分と撹拌されてサラサラになるんだそうです。

サラサラのカラメルはたくさんありました。だから濃度が高いわけではないんです。
入れすぎて、底のほうが撹拌されなかったと予想されます。

次回は量に注意して作ります。味は美味しかったのになぁ残念!


20170819チョコバナナマフィン

20170819チョコバナナマフィン2

チョコバナナマフィンです。

初マフィンです!好みかどうかは置いといて、マフィンとしては大成功です。
初なのにプレーンじゃないのは、バナナがあったからですねー
チョコは製菓用のビターチョコ使いました。クーベルチュールなんですけど、美味しいですね!

小麦粉何にしようかなぁって、毎度これが楽みでもあります。服選ぶみたいな感じ。
初回なのでわかりやすくスーパーバイオレットにしました。
どうせふわふわになるんだろう、と思ったら本当にふわふわになりました。
さすがスーパーバイオレット。

次回はドルチェで作ってみたいですね。
ちょっとしっとりしてくれるんじゃないかな?と期待しています。
主人の好みはしっとり系なので。

生クリームやはちみつもしっとり効果があるようです。

でもまずは小麦粉のみ変更でお試ししないとわけわからなくなるので、ぐっとこらえます。

母はふわふわが美味しかったみたいで二個食べてましたね。

チョコバナナマフィンレシピ Nadia(板チョコバナナマフィン)

私は製菓用チョコを使ったのですが、もし製菓用を使うのであれば、板チョコは一枚40gなので、40g計り入れたら良いですよ。


以上、ここ一ヵ月くらいのお菓子作りでした。
関連記事

FC2blog テーマ:手作りお菓子 - ジャンル:グルメ

【2017/08/23 17:00】 | その他のスイーツ&お菓子
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可